子持ちの絵かき・渡辺洋子

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

エドガー・ドガ

a0040623_17573155.jpg

横浜美術館で、9/18〜12/31 ドガ展があります。
印象派は結構観すぎた感はありますが、私にとってドガは別です。
過去にドガの本物を観た記憶があまり無いのですが、きっと色が鮮やかで、奇麗かな〜…と想像しています。特に、ドガのオレンジとブラックの組み合わせが好きです。マネのブラックもとっても好きです。
(下の絵です。)マネの描く「目」は、なぜか惹き付けられます。
a0040623_1894961.jpg

最近、自分でもブラックをよく使います。
自分の描き表したいもの… それを追求していくと、どんどんシンプルになっていって、どんどん色が無くなって行きます。しかしキャンバス上に描くからには、何かしら色を使わなければならないわけで… そして、黒が多様されていく… です。と、思います。
昨日迄は気に入っていた絵が、今日は全く気に入らない… その連続です。
結構ストレス…
[PR]
by aoiumi-yoko | 2010-08-31 18:24 | アート

久しぶりにご対面

a0040623_16525345.jpg

この絵は、スペイン在住の作家、山口敏郎氏に預けてありましたが、自分でも結構気に入っていて、もう少し手を入れたいな。と思い、山口さんが日本に来る際に持って来てもらいました。
何年ぶりかで再会した「Tango」(この絵のタイトルです。)は、自分で見ても、やっぱり面白いなぁ、と思いました。ちょっとシュールな感じがして…
またそのうち、こういうのも描いてみようかな。
[PR]
by aoiumi-yoko | 2010-08-30 17:08 | アート

お盆

フレッシュ日立に乗って、茨城県の北の端に行ってきました。
2年前に、92歳で他界した祖母のお墓参りです。
a0040623_12482299.jpg

お墓の周りの風景です。
とってものどかな、いい所です。
コンビニも、バス停も無く、駅迄は車で送ってもらわないと行かれません。
a0040623_12525922.jpg

次の日は、祖母の家の庭でバーベキュウをしました。
青空の下で過ごす、とっても気持ちのいい時間でした。。
土と、木と、植物達… 虫も沢山います。
私の住んでいる周辺では殆ど見られない、オニヤンマ。クロアゲハ。
今はマンション住まいの私ですが、土の上で暮らしたいな。と、実は思っています。
以前、父が言っていた、「人間はやっぱり、土の上じゃないとダメだよな。」の言葉が忘れられません。
[PR]
by aoiumi-yoko | 2010-08-19 13:11 | Free Time

北斎

私の好きなアーティストの一人が「葛飾北斎」です。
とてもデザイン的で、今の世でも断然トップだと、私は思っています。
「鳳凰図」
a0040623_1532315.jpg

「怒涛図 男波」
a0040623_15332552.jpg

かっこいいですね〜! これらの絵は、祭り屋台の天井絵として描かれました。北斎晩年の作です。
鳳凰も迫力がありますが、「男波」の方が好きです。
彼の他の作品にも多く使われていますが、藍は私を魅了します。
[PR]
by aoiumi-yoko | 2010-08-11 15:43 | アート

ポンパドール婦人

a0040623_16301054.jpg

いつ、どこでこの絵を見たかは思い出せないのですが、私はこの「ポンパドール婦人」がとっても気に入っています。
ご周知のとおり、彼女はルイ15世の公妾でした。バックグラウンドはどうあれ、知性と品がにじみ出ているように、私には思われます。
ポンパドール婦人をたどっていると、デュバリー婦人に行き当たります。
a0040623_1704628.jpg

ポンパドール亡き後、公妾となった女性です。
あの有名な「ベルサイユのバラ」にも出てきますが、そこでは彼女はとってもいやな役どころでした。でも実際にはどうもそうではないよう…です。
wikiによると、「デュ・バリー夫人は朗らかで愛嬌がある親しみやすい性格で、宮廷の貴族たちからは好かれていたという。」とあります。
ふ〜ん。公妾とは言え、ストレートに言って、「妾」なわけですから、男性にとって「いやし」の存在なわけですよね。となるとぉ、やっぱり、「朗らかで愛嬌がある親しみやすい性格」なのかもしれませんね。
[PR]
by aoiumi-yoko | 2010-08-02 17:13 | アート

Shine シャイン

先日、「Shine」の事を書いてから、どうしても観たくなってしまいました。
しかし自分ではレーザーディスクでしか持っていず、しかも実家におきっぱなし。
Amazonで中古を購入して、早速さっき、じっくり観ました。
以前観た時よりも、今の自分は、どっぷり美術人間になっているということもあってか、いちいち頷いてしまう台詞がありました。
音楽学校の先生が、主人公のデヴィットにピアノを教えているシーンで、

「まず正確に暗譜するのだ。」
「そして忘れる。」
「考えないでも弾けるようになる。」
「自然にハートから流れ出す。」

全く、絵の世界と同じだ… と思いました。
特に、後の2行。
最近自分自身で思っていた事と同じではないですか。
「何も考えず、感覚だけで、自然に見えてきたものを描く…」

やっぱり芸術は全て共通しているのだなぁ。 と、改めて思ってしまいます。

a0040623_17212740.jpg

最新作の絵ですが、携帯で撮っているせいか、どうも黄が強いです。
フォトショップで若干直してみたのですが、上手くいきませんねぇ。
下は、上の絵の一部分です。
a0040623_17243191.jpg

今度は逆に黄が弱すぎです。同じ絵とは思えませんね。
ホントはこの中間位なんです。
[PR]
by aoiumi-yoko | 2010-08-01 17:26 | アート