子持ちの絵かき・渡辺洋子

タイトル『ノクターン』

a0040623_2134351.jpg

う〜ん、よくわかりずらいのですが、これは、膝を抱えて丸くなっている半魚人なのです。そして後ろの方には、ブルーの小魚達が泳いでいます。
タイトルはまだ決定ではないのですが、この絵を描いている時に、ず〜っとショパンのノクターンを聞いていたのです。
ふじこ・ヘミングさんの「La Campanella」に入っているノクターンです。
ふじこさんの音色は、とっても素敵です。とっても素直な感じで、心に染み通ってきます。
他のピアニストが弾いたノクターンも聞いてみましたが、「全然違うなぁ…」と思いました。
ふじこさんのピアノを聞いていると、涙が出てきます。一つ一つの音が、とっても優しい…
カンパネラも、ふじこさんのを聞くまでは、「カンパネラはやっぱ、ガンガン弾くのがかっこいいよなぁ。」なんて思っていました。
でもふじこさんのはねぇ、優しくて、甘くて、やわらかくて、ステップが規則的じゃなくて…ふわっと、あたたかいのだ。(以上は私のかってな感想です。)
なんと!ふじこさんは私のお友達のお友達なのだ!(遠い…) いつかきっと会えると、勝手に信じています。
[PR]
by aoiumi-yoko | 2007-04-20 22:02 | アート
<< 『グレゴリー・コルベール』 『新作描き始めました。』 >>